「現実という名の RPG ゲーム」半日ワーク開催!

北岡は、「コペルニクス的転換」の大発見をしました!

 

最新情報 1:本「現実という名の RPG ゲーム」の開講は、現在、休止中です。

 

ここでは、「現実という名の RPG ゲーム」の発展系の「クローズド会員制クラブ」の無料参加特典をお伝えします。

 

北岡は、「クローズド会員制クラブ」として「北岡ブログ + メルマガ」サイトで、情報をクローズド公開していくことになりました。この会員条件は、北岡エッセイ「レモンの味を知らなくてもレモンの味を創出できる方法論:完全解説」無料ダウンロード閲覧の登録者です。無料登録は以下で可能です。

 

登録者の方には、自動返信で、クローズドの北岡ブログ サイトへのアクセスのためのユーザー名とパスワードが送られます。

 

北岡エッセイ無料閲覧 & 「クローズド会員クラブ」無料登録

 


                                                             

 

最新情報 2:「現実という名の RPG ゲーム」半日ワークが 2/28 (日) に開催されます。

 

2/28 以降のワーク開催日程は未定です。このため、「当面、最後」となる半日ワークに関して、特別割引参加費 18,000 円をオファーいたします。

 

最新情報 3:本ワークは、「右脳と左脳の両方を刺激」する「体感型・対話式ライブ ワーク」です。このことを指摘したワーク参加者の感想が以下のページで閲覧可能です。

 

http://www.office-kitaoka.co.jp/rpg/feedback/

 

最新情報 4:関連情報として、北岡のメルマガの『新編第五十三号:「コペルニクス的転換」大発見のまとめ』が以下で閲覧可能です。

 

http://www.kitaoka.co/magazine/new/new_053.htm

 

 

北岡は、最近のメルマガ等で、「自己啓発/NLP 業界における『コペルニクス的転換』の大発見」を報告、解説をしてきています。

 

北岡の発見は、要約すると、「日本人は、『現実』に、行動選択肢が選択できる選択点は、ないと思っていて、 『ドラクエ』、『ファイナル ファンタジー』のようなロール プレイング ゲーム (RPG) 等のコンピュータ ゲームに『逃避』しているが、実は、そういう選択点が『現実』にも実際に存在していることがわかり、それが腑に落ちれば、『現実という名のロール プレイング ゲーム (現実の仮想現実化ゲーム)』をすることの達人になる」ことが可能で、かつ「ロール プレイング ゲーム (RPG) が日本人ほどうまくない西洋人以上の創造的で、建設的な業績を上げるようになるだろう」ということです。

 

また、この発見は、1988 年にグリンダー式 NLP に出会ったときから北岡がずっと無意識的に行ってきていたことの「公式化」 (演習化) を生み出しました。

 

北岡が 1980 年代からの瞑想、催眠、セラピー、化学的変性意識の実験等の長年の泥臭いワークの末に「両脳的」に認識し、完全に腑に落ちた洞察は、「人間の人生の、『現実』には (右に行くか、左に行くか、まっすぐ行くかの選択が可能な) 選択点がある。各選択点で、無意識的に行動選択肢を取り続けると、同じつまらない人生を繰り返すことになり、各選択点で、意識的、無意識的に行動選択肢を変えることができたら、必然的に、自分の人生はさらにさらにエキサイティングで、スリリングで、マーヴァレスなものになっていく」というものでした。この洞察が「血肉の皮膚感覚」に落とし込めたときに、北岡は、瞑想、催眠、セラピー、化学的変性意識の実験等の泥臭いワークから、ある意味「卒業」しました。そのときに、NLP の真の偉大さを知りました。

 

(ちなみに、我々人間には、各選択点において、「外界に左右されて、ロボットのように生き続けていく」のか、「洗脳から覚めて、自分の本来の姿を取り戻し、自分で自分の人生と外界を責任もって創り続けていくことを選ぶ」のか、の二者選択しかないですが、1988 年に前者の選択をしたら、北岡は、その後、(徐々にではあれですが、着実に、確実に)「このまさに地が蓮の花咲く天国になり、このまさに体が仏陀になって」いきました。)

 

仮にもし、そのような泥臭いワークをやりまくった後に身につけた経験、洞察をモデリングして、公式化できたら、後に続く人々は、必ずしも、そのような泥臭いワークを行う必要がなくなる、という前提で、北岡が 1988 年からずっと無意識的に行ってきていたことの「公式化」、演習化に最近成功した次第です。

 

北岡は、この「現実のいう名のロール プレイング ゲーム ゲーム (現実の仮想現実化ゲーム)」演習を、すでに多くの方々に紹介してきていますが、いただいてきているクライアント感想は、以下の通りです。

 

「実際にまだ数日しかたっていませんが、確実に現実世界が変わり始めています。
『三日坊主』 (注:新習慣を定着させるための自己適用が長続きしない状態) が克服され、もう後戻りはしないと確信しています。」

 

「このいわゆる人生をロール プレイング ゲーム (RPG) という感覚は、一見『人生』という崇高なものに対して、軽率なとらえ方だという意見もあるかもしれませんが、選択点で自由に選択できるようにする技術は、ハンパないです。
まさに、言葉通り、日本人のパンドラの箱を開くことになりますね。。。!」

 

「今日は、爆発しましたね。
今までのセッションの中で、最も衝撃的でした。
また、今まで理想の現実化について腑に落ちていなかったところがストンと落ちた感じです。
そう、無限のポテンシャルを感じました。
今後これらのワークをやり続けて、現実と思われていた「マーヤ」 (注:サンスクリット語の「幻想」) がどう変化するか楽しみです。
ただ、思ったのですが、これを極めれば、他のワークは必要ないのではないですか?
今後のセッションどうしましょう(笑)」

 

結論としては、選択点において、意識的も無意識的にも、選択肢がなければ、「世界/現実はいっさい変わらない」と思うのはしごく当たり前であって、いわゆる「現象界」から「向こうの世界」に出て、「メタ (観察者) の視点」から現象界に「選択点」を置いて、ある意味、そこに強引に新たな行動選択肢を挿入するメカニズムは、「とんでもない奇跡的な神の偉業」であるとしか言わざるをえないと思います。

 

冒頭にも示唆したように、ロール プレイング ゲーム (RPG) が達人の日本人が、「現実」も仮想現実だということが腑に落ちたら、「現実という名のロール プレイング ゲーム」の世界最高のプレーヤーになれると思いますし、北岡が最近開発したノウハウで、それが可能になるはずです。

 

「現実という名の RPG ゲーム (現実の仮想現実化ゲーム)」で達成できる脳内革命

 

現在、北岡は、このコペルニクス的展開の大発見に基づいたノウハウを日本の方々に身につけていただけたら、「現実と思われていたものが実は『仮想現実』でしかないということがわかり、「現実という名のロール プレイング ゲーム」ができるようになると考えています。

 

このことは、北岡が最近開発した「現実をロール プレイング ゲーム化する演習」を通じて、RPG プレーヤーは、実は、「現実がもっとも精巧なコンピュータである (!)」ことが認識でき、かつ、「『現実』と自分との間に双方向のフィードバックが実は存在している」ことが体感覚的にわかるので、おそらく、現実を前にして最高の RPG ができるのは日本人であるはずである、という北岡の確信に基づいています。

 

北岡は、「現実をロール プレイング ゲーム化する演習」を通じて、日本人が世界最高の「現実という名の RPG プレーヤー」になれば、日本人の方々に以下のことが達成可能になり、日本社会全体に「脳内革命」が起こる、と考えています。

 

1) 会社にいても、自宅にいても、24 時間「現実という名のロール プレイング ゲーム」ができるので、人生が楽しくて、楽しくてしかたなくなります

 

2) コーチ、セラピスト、カウンセラー、トレーナー等に頼らなくても、自分自身で「個人編集」する「自分専属の常駐パーソナル コーチ」になれます。

 

3) このため、他のコーチ、セラピスト、カウンセラー、トレーナーのワークを、必要以上に受けなくてもよくなるので、コスト パフォーマンスが劇然とよくなります。

 

4) 自分の人生でこれまで成功体験がなくても、少しづつ、自分自身の独自の成功ノウハウを自分のペースで蓄積していくことができます。

 

5) そのことによって、自分の人生はさらにさらにエキサイティングで、スリリングで、マーヴァレスなものになっていきます。

 

6) (過去の北岡がそうであったように) 苦しいと思われた自分の人生が、(徐々にではあれですが、着実に、確実に)「このまさに地が蓮の花咲く天国になり、このまさに体が仏陀になって」いきます。

 

7) 自分の思考が、現実と同様、仮想であることがわかり、アイデンティティの柔軟性が生まれるので、自分がモデリングしたい対象のモデリングが比較的簡単にできるようになります。

 

8) 通常は「外野席の評論家」でしかない分野、たとえば、外人を前にした英会話が必要な状況でも、自信をもって対応できるようになり、英語その他の、自分の好きな分野での達人になれます

 

9) 試行錯誤の過程が短くなり、人生においてすべてが、『良循環』として、うまくいくようになります。

 

「現実という名の RPG ゲーム (現実の仮想現実化ゲーム)」ワーク定期的開講決定!

 

この中で、北岡は、今回、この「コペルニクス的転換」の革命を国内で起こしたいと思い、上記のことが可能になる「『現実という名の RPG ゲーム』半日ワーク」を開講してきています。

 

2 月は、2/28 (日) に半日ワークが開催されます。半日ワークの特別参加費は、28,000 円 (税込) ですが、「当面、最後」となる 2/28 半日ワークに関して、特別割引参加費 18,000 円をオファーいたします。

 

イブニング ワークでは、a) 北岡の最近の発見の詳細説明、b) 「神の体験を創出できるアファメーション」の紹介、c) 「現実という名の RPG ゲーム」モデルの概要解説、がなされます。

 

半日ワークでは、以下の内容がカバーされる予定です (なお、本ワークで紹介される演習は、北岡が独自開発または応用開発した演習です)。

 

a) 「選択点」があることがわかり、人間は、同じプログラミングを繰り返していることが体感できる「幼児退行と NLP の組み合わせ」演習

 

b) 目に見える次元の現象には、必ず高次の隠された意図があることが実感できる「アーケタイパル チャンキングアップ (天命を知る)」演習

 

c) 最近、北岡が発見した「神の体験を創出できるアファメーション」の紹介

 

d) 「現実という名のロール プレイング ゲーム (現実の仮想現実化ゲーム)」の完全解説

 

参加に興味のある方は、以下の申込フォームから申し込んでください。

 

 

プロフィール紹介

 

北岡泰典

DFT 創始者/Meta Mind Work トレーナー
NLP トレーナー/パーソナル コーチ

 

和歌山県生まれ。早稲田大学第一文学部卒。

1981 年大学卒業後、通算3年間サハラ砂漠に渡り、三菱重工、丸紅、伊藤忠、三井造船等に対して仏語通訳業務を提供。

1980 年代から欧米に滞在し、1983 年にインド人導師に弟子入りして以来、長年瞑想を実践。クンダリーニ覚醒の経験者。師匠から与えられた Swami Guhen というスピリチュアル ネームでも活躍中。

1986 年から英国ロンドンで、精神世界、印度哲学、オカルト (隠秘学) を徹底的に研究。それをもとに、ウィンストン チャーチルやダイアナ妃の親族等の英国貴族に対して、スピリチュアル カウンセリングを提供。

また、英国防衛省、健康省、英国国教会、英国遺産局、英国核燃料公社、英国国際救助隊、アン王女、カザフスタン共和国大臣その他に通訳、異文化コミュニケーションコンサルタンシー業務を提供。

同時に、英国滞在時代、「NLP 四天王(共同創始者のリチャード・バンドラー、ジョン・グリンダーを含む)」から直接を学び、NLP を完全習得。

2001年帰国後は、NLP資格コース、ワークショップを開講。
NLPを活用したコーチング・セッションを数多く提供し、人々の自己変容、人生変容の支援をしてきている。

現NLPインテグラルアソシエーション代表
メンタルケアコーチ協会代表

前日本NLP学院(旧英国NLP学院日本校)学院長
元英国 Creativity Enhancement Ltd. 社 CEO
株式会社オフィス北岡 CEO

 

北岡の詳細プロフィール ページ: http://www.office-kitaoka.co.jp/profile_nmw/

 

 

* * * * * * * *

 

なお、「コペルニクス的転換」の発見のさらなる詳細は、以下のメルマガにあります。

 

http://www.kitaoka.co/magazine/new/new_050.htm
http://www.kitaoka.co/magazine/new/new_051.htm
http://www.kitaoka.co/magazine/new/new_052.htm

 

* * * * * * * *

 

【「現実という名のロール プレイング ゲーム
(現実の仮想現実化ゲーム)」ワーク概要】

 

* 半日ワーク

 

講   師 : 北岡 泰典

 

日   時: 2016 月 2 月 28 日 (日) 13:30 - 18:30 (終了時間は予定)

 

予 定 会 場 : 新宿区内 (お申込者の方に詳細をお伝えします)

 

特 別 参 加 費 : 28,000 円 (税込)

特別割引参加費 : 「当面、最後」となる本半日ワークに関して、
          18,000 円をオファーいたします。

 

お 支 払 方 法 : 銀行振込もしくはクレジットカード

 

定    員 : 30 名程度

 

参加資格 : 特にありません。

 

主催 : 株式会社 オフィス北岡 (CEO 北岡泰典)
    〒165-0034
    東京都中野区大和町1-67-6-2F
    TEL:03-5327-8523 FAX: 03-3336-3426
    メール: info@office-kitaoka.co.jp
    サイト: http://www.office-kitaoka.co.jp/

 

参加に興味のある方は、以下の申込フォームから申し込んでください。

 


「現実という名のロール プレイング ゲーム」ワーク申込フォーム
 

参加ワーク:
お名前:
職業:
Eメールアドレス入力:
Eメールアドレス再入力:
電話番号:
情報源:
おもちの資格:
ご意見・ご質問などあれば、こちらへ

 

TOP ページに戻る


最新インタビュー
最新インタビュー

ぜひ北岡の人となりに触れていただいて、上記の北岡ワークへの参加を検討していただきたいと思います。>続きを見る

代表著書紹介 Integral Association