このページは、「はじめての顧問税理士」サイト、もしくは、「セミ研.net」サイトで 、「北岡紹介エントリ ページ」(http://hajimete-zeirishi.net/detail/12149/ もしくは http://semiken.net/detail/12149/) を閲覧された方専用の北岡エグゼキュティブ コーチング ワーク紹介ページです。

 

最新情報1: 経営者向け「経営判断ブレイクスルー」定期的少数
                        廉価セミナー

 

北岡遇辺は、滞在先の英国から 2001 年に帰国して以来、国内で、欧米で創始者から直伝を受けた「常に自分自身の既成概念から抜け出て、自分自身のアイデンティティを無限に拡張していける能力開発法」である NLP を教えてきていました。

その中で、私を直接知らないエグゼキュティブの方々から、「北岡さんのワークはよさそうだが、サイトで書かれてることは難しそうだし、会ってもいないので、『コミット』できない」という意味のお声を (間接的にですが) よく耳にしたので、今回、経営者向け『経営判断ブレイクスルー」少数セミナーを定期的に開催することにいたしました。

開催日は、原則として、毎週火曜日の 19:00 - 21:30 です。会場は、弊社東新宿軍艦マンション オフィスです。参加費は、特別価格の 20,000 円 (税込) です。

以下のような問題を抱えているか、自分の能力をさらに開発したいと思われている経営者の方々にぜひ参加していただきたいと思いました。

メンタルタフネス
経営者の能力アップ
新規事業の革新的アイデア
売上の向上
業務効率化
営業力アップ
人材の能力不足

セミナーの詳細については、http://www.office-kitaoka.co.jp/manage/ を参照してください。

最新情報2: Apple、Microsoft、Google、Facebook、Amazon
                        の経営者をモデリングするには?

 

北岡の「ライフ コーチング」は、実は、「カウンターカルチャー経営手法」に基づいています。

この、一歩先が読み取れない、混迷する「カオス」の現代社会において、国内の経営者は、「国際的イノベータ」の先駆者として、Apple、Microsoft、Google、Facebook、Amazon 等の CEO をモデリングすることを、喉から手が出るほど求めていると思いますが、これらの CEO は、全員、「カウンターカルチャー経営」を実践しています。

また、北岡は、Google 検索で、「国際的イノベーターの育成」を目的とする企業、団体をいくつか特定することができましたが、おしなべてすべて、「国際的イノベーターの人材『発掘』」には言及していますが、具体的な「国際的イノベーターの人材『育成法』」には言及できていないことに気づきました。

実は、北岡が過去 30 年にわたって研究・教授してきている NLP と、その発展系である北岡独自の「実践的顕魂学」は、まさしく、その「ミッシングリンク」の「国際的イノベーターの人材育成法」を提供するものです。

詳しくは、以下のページを参照してください。

http://www.brain-design-studio.com/management/

さらに、最近のビジネス ベストセラーに、ユヴァル ノア ハラリ著の『サピエンス全史: 文明の構造と人類の幸福』がありますが、北岡はこの書評を書いています。これも、いかに北岡が「国際的イノベーターの人材育成」を行うことができるかの参考資料となっていると思います。

http://www.kitaokataiten.com/glossary/archives/essay_06_fb.htm

 

最新情報3:国内で唯一本格的で本場のNLP講座の通信制資格コース化!

 

北岡の最後 (2012 年) 開催の資格コース収録ビデオが、「動画コンテンツ配信サービス」として、(株) オフィス北岡の教育部門である Brain Design Studio を通じて、配信開始されました。

Brain Design Studio 配信サイト: http://www.bds.tokyo

NLP 四天王から直伝を受け、日本人としてただ一人トレーナーズ トレーニング コース開講者の北岡による「国内で唯一本格的で本場」の NLP 通信制資格コースは、特に、以下の方々の方々にとって絶大な効果を発揮します。

1) 自分のプリゼン力の高めたいと思っている方々 (業種は問いません)
2) 「個人的天才」(業界内での第一人者) になりたいと思っている方々
3) コーチ、カウンセラー、研修講師、セラピスト、催眠実践家、瞑想家、宗教学者、心理学者、医師、哲学者等のプロの専門家の方々
4) 「永続的な精神的解脱」を求めている方々

本ページにアクセスされた会社経営者、管理職の方々にも興味をもっていただけるものと願っています。

 

「北岡遇辺」によるエグゼキュティブ コーチング ワーク

 

以下に、北岡のエグゼキュティブ コーチング ワークを紹介いたします。

※ 北岡プロフィール紹介ページ:
    http://www.office-kitaoka.co.jp/profile/

※ 北岡紹介パンフ (PDF ファイル):
    http://www.executive-coaching.jp/jp/leaflet/sp/executive.pdf

※ The Japan Times 誌「次世代のアジアの CEO 100 人」の一人に選出! (英語)::
    http://info.japantimes.co.jp/info/100-next-era-ceos/2010/contents/077.html

 

北岡泰典は、現在、エグゼキュティブ コーチング市場で、「北岡遇辺」として、経営者その他の方々向けの「パフォーマンス コーチ」として活動しています。

これは、北岡のスタンスは、たとえばですが、中村天風、安岡正篤のような「現代版」の「経営者の精神的支援者・メンター」として活動していくことにあるからです。

北岡は、80 年代初めに、米国西海岸で、インド人導師 (バグワン) に弟子入りした後 (「Guhen」はこの導師からいただいた弟子名です)、「悟りとは何か」について徹底研究を続けてきています。1985 年には、導師の指導下でのダンシング瞑想中に、クンダリーニ覚醒の体験をもちました。

北岡の哲学的バックグラウンドは、80 年代から 90 年代にかけての英国滞在中に行った、8 世紀のインド人で、「アドヴァイタ (非二元論的) ヴェーダンタ」哲学・心理学を創始したシャンカラチャリヤの英語での徹底的研究です (ヴェーダンタは、有名な「バガヴァッド ギータ」と「ウパニシャッド」から派生しています)。

その後、最古の東洋哲学と同じことを主張していることを北岡自身が発見した、最先端の西洋心理学 (NLP) のノウハウを創始者から直伝され、過去に一瞥した「悟りの状態」を 24 時間アクセスできる方法 (現代風に言い変えたら、「ドーパミン、エンドルフィン等の脳内麻薬をいつでもどこでも、自由自在に、自己分泌できる方法論」のことです!) を開発してきています。

この哲学的および心理学的背景をもとに、通常は、さまざまな「自己啓発系のトレーニング」を受けることを通じて、あるいは、座禅、断食、滝打ち等によって獲得した瞬間的な「ミニ悟り」の境地が、その後「娑婆に戻る」ことでアクセスできなくなることに焦燥感やフラストレーションを感じていて、どうにかしてその境地に永続的にいたいと思っていらっしゃる経営者の方々に、北岡コーチングはもっとも最適であると考えています。

* * * * * * *

 

「はじめての顧問税理士」サイトの「北岡紹介エントリ ページ」で、経営者の方々が日々悩むような、「精神的」あるいは「抽象的」な問題が列挙されていますが、改めて、以下に、追加情報を記させていただきたいと思いました。

1) 継続的な「ゾーン」状態アクセス


これは、上記の「ドーパミン、エンドルフィン等の脳内麻薬をいつでもどこでも、自由自在に、自己分泌できる方法論」で可能になります。

2) カリスマ、リーダーシップ能力を高めることによる人心掌握力


北岡の最近の研究によって、カリスマ、リーダーシップ能力開発法が考案されています。

3) 自分の無意識と意識の間の整合性を取ることによる意思・願望の実現と葛藤の克服


北岡の 40 年以上の「催眠の研究」における最大テーマは「意識と無意識のラポール (調和) をどう取るか」でした。意識と無意識のラポールが取れると、自分の中の葛藤がなくなり、意思決定も常に首尾一貫したものになります。

4) 自分自身を完全に信頼できるだけの首尾一貫性の達成


通常、「無意識と意識の間の整合性」が取れていない場合、どうしても自分自身を信頼できず、他力本願的に占い師の方々等を頼る場合がありますが、「無意識と意識の間の整合性」が取れると、唯一自分自身の中にある「大いなる自己」の判断と決定だけに頼ることができるようになります。

5) 通常、座禅、断食、滝打ち等によってのみ得られる「悟りの境地」 (何が起こってもいっさい乱れない精神統一) の左脳的な方法での達成


北岡が完全習得した西洋心理学 (NLP) は、右脳的な体験を左脳の言語で説明することを可能にします。このことで、通常は、経験則的しか体験できない「悟りの境地」も自由自在にアクセスできるようになります。

6) 自分の潜在能力の発揮を阻害している、幼児期を含む過去に根付いている無意識的トラウマの完全克服


北岡自身、幼児期に脳性麻痺に罹ったことから入居した身障者施設で体験した極度のトラウマ (PTSD) を、完全克服してきた経緯があります。

7) 既存の思考パターンの枠組みから外に出ることを通じた創造性の発揮と、先が読めない社会動向への臨機応変な対応力


北岡の人生上の最大のテーマは、どのようにして (幼児期と青年期に北岡が陥っていた) 「蟻地獄」というボックスから脱却できるか、でした。北岡は、「ボックスから継続的に完全脱却する方法論」についての一式の完全ノウハウをもっています。

8) 通常、「経験則」に頼らざるをえない技術移譲と後継者育成の、モデリング法を通じた左脳的分析と明示化


北岡が完全習得した西洋心理学 (NLP) は、右脳的な体験を左脳の言語で説明することを可能にします。このことで、通常は、経験則的しか教えられない「技術移譲」も、左脳的に短時間で行うことが可能になります。

* * * * * * *

 

北岡遇辺のエグゼキュティブ コーチング個人セッションに興味がある場合は、以下で、アドレス登録してください。折り返し、関連詳細情報をお送りいたします。

下記のセキュアページ フォームに記入して「確認」ボタンをクリックしてください。(は必須項目)

 


                                                          

最新インタビュー
最新インタビュー

ぜひ北岡の人となりに触れていただいて、上記の北岡ワークへの参加を検討していただきたいと思います。>続きを見る

代表著書紹介 Integral Association