大震災に際しての英国貴族からの日本の国民に方々に対するメッセージ

今回の東日本大震災の甚大な被害を被られている被災者と方々と政府の方々向けのメッセージを私の英国貴族で、ウィンストン チャーチルの親族の友人の方からいただいたので、本サイトで紹介させていただきたいと思います。以下にあるのは、チャーチルが幼少の頃育ったアイルランドのお城「レスリー城」のロゴ入りの書簡、および、そのテキストと翻訳です。

 

Guhen Taiten Kitaoka
CEO
Office Kitaoka Inc.

14th March 2011

"RE: the 3.11 Japan Earthquake"

It was good to speak with you just now, thank you for calling.

I would like to confirm in writing what I just said to you on the phone.

Japan is one of the most important members of the world's society of nations.

The way the country has developed out of the shambles of 1945 is truly remarkable and reflects well on the amazing ingrained qualities of it's people.

Your country does not deserve this nightmare, but it has happened. All mankind is subject to the forces of nature and it is just bad luck to have been so badly hit.

International media coverage is making all countries round the world fully aware of the extent of the disaster-the damage to cities, towns, villages and farmland.

It is obvious and becoming increasingly clear that it will take years of reconstruction for the survivors to re-establish their lives, businesses, and for municipal infrastructure to be rebuilt. But what is also becoming very apparent from the media exposure, is the amazingly calm acceptance of the Japanese people in the face of such traumatic destruction and shock. Nobody can stand up to the power of such natural forces but the way your countrymen and women are adjusting to their sudden change in circumstances is truly remarkable and is setting an example to the rest of the world. My belief is that because of the reasoned and mature way the disaster is being accepted it will excite a desire in other nations to provide help and get Japan quickly back on the road to recovery-Japan as a nation is a vital cog and proven benign influence in the world and, at this moment in time, needs it's position supported and reinforced by others who can provide such. The present situation will prove to be temporary. My firm belief is that, once the present mess and shambles is sorted out, a new and more vibrant Japan will materialize. Signs of this happening are already appearing-in the stoic attitude of the survivors who have lost so much.

Please give Hiro my best wishes,

Regards,

Tarka Leslie-King
Castle Leslie

 

* * * * * * *


オフィス北岡
CEO
北岡泰典様

2011/3/14

「3.11 日本大震災の件」

今お電話で話をしました。感謝いたします。

私が今電話で話したことを書面で確認したいと思います。

日本は、国際的に最も重要な国の一つです。

日本が 1945 年の敗戦の混乱状態から回復した、その発展のし方は誠に目覚ましいもので、日本国民の驚くべき生得的な特質を反映しています。

日本は、この悪夢を経験するに値しませんが、起こったことはし方ありません。人間は皆自然の脅威に晒されていて、これほどの大災害に出会ったのは不幸としか言えません。

世界のマスコミの報道は、世界中の国々に今回の日本の地震の災害のひどさと市町村と農地への損害の程度を充全に伝えていてます。

生存者の方々が元の生活と仕事を取り戻し、市町村のインフラが再建設されるまでには何年もかかることは明白で、日を追うごとにますます顕著になってきています。しかし、その一方で、マスコミの報道から非常に明らかになってきているのは、これほどショッキングな破壊と打撃を目の前にした日本人の方々の驚異的に冷静な受容性と規律性です。誰もこのようなこのような自然の脅威を耐え忍ぶことはできないはずですが、日本人の大きな環境の変化への適応のし方は、真に目を見張るもので、他の国の国民への手本となっています。私は、大災害が合理的に、成熟した形で日本人によって受け入れられている事実によって、日本が回復の道を迅速に歩めるように、他の国々が支援したいという欲求をもつようになるだろうと、信じています。国家としての日本は、極めて重要な国際社会の一員であり、また世界に対して肯定的な影響を与える国であることが証明されてきているので、現時点で、その地位は、支援を与えることができる他の国々によって、支えられ、強化される必要があります。この状況は一時的であることが判明することでしょう。私は、現在の混沌と混乱がいったん片付いたら、さらに新しく、さらに活気に満ちた国家が実現されるだろうと、固く信じています。このことが起こる兆候は、これほどのものを失った生存者の方々の規律のある態度にすでに現れています。

どうか Hiro によろしくお伝えください。


アイルランド レスリー城
ターカ レスリー キング

 

▲ページトップへ戻る

最新インタビュー
最新インタビュー

ぜひ北岡の人となりに触れていただいて、上記の北岡ワークへの参加を検討していただきたいと思います。>続きを見る

代表著書紹介 Integral Association